2015年02月14日

インスタントラーメンでもノンフライ麺は低カロリー

インスタントラーメンの麺は揚げてあるものも多いですがノンフライのものも多いです。
それぞれ味も食感もカロリーも異なるので好きなほうを選ぶべきですが、ノンフライ麺は低カロリーなのでカロリーが気になる人ならノンフライ麺を選ぶべきです。

大雑把な一例を挙げると、普通のインスタントラーメンが400kcalだとすればノンフライ麺なら300kcal程度です。
スープがこってりならもう少しカロリーが高くなりますが、低カロリーを意識した商品なら300kcalも不可能ではありません。
ダイエット用に作られた製品ではなくても、普通のインスタントラーメンだって低カロリーな商品は存在しています。

低カロリーにこだわるなら麺を茹でたお湯とスープのお湯を別にしたほうがいいでしょう。
油で揚げた麺を茹でた後のお湯には油が溶け出ているので、そのまま使ってしまうと余計なカロリーを摂取することになってしまいます。
そこでスープは別に作ることで余計なカロリーを摂取しないで済むようになり、カロリーも1割くらい差が出るかもしれません。
そもそもノンフライ麺ならそこまで気を使わなくても低カロリーなのでいいですね。

ノンフライ麺といえば棒ラーメンもノンフライ麺でした。
コンパクトなパッケージなので場所も取らずに保存できるのが魅力です。
もちろん味も美味しいのも魅力です。
ただ、熊本もっこすラーメンはスープの関係でカロリーが少々気になるかもしれません。
それでも407kcalなので普通の油で揚げたインスタントラーメンと同じくらいでしょうか。

ノンフライ麺なら意外に低カロリーなのでラーメンを食べたいけどカロリーが気になるという人にもおすすめです。

≫ どういったノンフライ麺があるのか見てみる


posted by 個性的に紹介したい at 21:05 | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする